WAKO'S 2層式ガラスコーティング

WAKO'S ガラスコーティング.jpeg

WAKO'S 2層式ガラスコーティングの魅力​

・濃色車には「深み」を、淡色車には「艶」を向上させ、美観を保ちます

ハードコーディング剤ならではの膜厚と膜構造により、高級車のような「深み」と

濡れているかのような「艶」を付加し、美観を向上します。

・耐久性、密着性の高いベースの硬化被膜

塗装面と架橋結合し、強い密着力を発揮します。

立体構造の異なる複数の硬化被膜成分を配合し、柔軟かつ高密度の強靭な膜を形成し

美観を定着させます。

・撥水、坊汚性に優れた高機能なトップコート

2種類の特性の異なる撥水成分をランダムに組み合わせる事により、

水との密着力に差が生まれ、優れた滑落性を生み出します。

・2層式による犠牲膜

ベースコート + トップコートの2層構造により、ベースコートを保護し

持続期間を長持ちさせる事が可能です。

又、お客様がトップコート剤を使用してメンテナンスができるため

更なる持続効果を与えることが可能です。​

​施工手順

DSCN0010.JPG

特殊洗浄剤を使って、洗車をしていきます。

ボディーには、目には見えない

小さい鉄粉も付いています。

特殊洗浄剤を使う事で、目に見えない鉄粉も

このように落としていく事が可能です。

DSC_0104.JPG

専用粘土を使い、洗車でも取れなかった

鉄粉を、手作業で取っていきます。

ボディーを傷つけないように、

ボディーを濡らして素手で触りながら

目に見えない鉄粉も見つけていきます。

そして、ボディーの水を拭き取りし

専用工具を使い隙間など細かい部分に残っている

水滴をエアーブローしていきます。

DSCN0011.JPG

ボディーを専用工具で研磨していくにあたり

専用工具が当たってはいけない部分を

マスキングテープで養生していきます。

少しでも危険が伴う箇所は

必ず養生を行います。

また、細かい部分も施工できるよう

​太さの違うマスキングテープを使っています。

DSCN0016.JPG

​専用工具と、特殊溶剤を使って

ボディーを磨いていきます。

お客様のお車に合った工具と溶剤を見極め

専門のプロが施工致します。

光を当てながら施工する事で

​より確実な施工が可能になります。

脱脂洗車を行い、手塗りでベースコートを
塗布していきます。
埃が付着してしまうと、傷が入ってしまうので
最善の注意を払いながら施工していきます。
2枚の拭き取りクロスを使って
拭き残しがないように拭き取りしていきます。
​施工完了後、完全硬化まで1日おきます。

 

ベースコートの塗布から1日後

専用工具​を使い、トップコートの塗布を

施工していきます。

専用工具を使って塗布をする事で

ベースコートの塗布をした際に付いてしまった

​小傷も除去する事ができます。